虫歯・根管治療についてcaries

「ずきずきと痛む」「冷たい物や熱い物がしみる」「歯が黒ずんでいる」といった症状はありませんか? そのような症状がある場合には、虫歯の可能性があります。虫歯はごく初期段階には自覚症状がなく、症状が現れたころには進行していることがほとんどです。そのまま放っておくと最悪の場合歯を失ってしまうことも。気になる症状があるなら、放っておかず桶川市にある歯医者「手代木歯科医院」まで早めにご相談ください。

重度の虫歯でも歯を残せる「根管治療」

虫歯

虫歯とは、プラークにひそむ虫歯菌がお口の中の糖分を栄養にして酸を出し、その酸が歯を溶かすことで発症する病気です。以下のように進行していき、進行段階に応じて適切な治療を行う必要があります。

進行と段階別治療法

※表は左右にスクロールして確認することができます。

進行段階 症状 治療方法
初期の虫歯初期の虫歯 歯の表面がわずかに溶け始めた段階です。歯に穴は開いておらず、自覚症状はありません。 毎日の正しいブラッシングやフッ素塗布などで治ります。
歯の表面の虫歯歯の表面の虫歯 歯の表面のエナメル質が溶け、歯に黒ずみが見られます。痛みなどの自覚症状はありません。 虫歯の箇所を削り、そこを詰め物で補います。
象牙質の虫歯象牙質の虫歯 エナメル質の奥にある象牙質まで虫歯に冒された状態です。冷たい物・甘い物を口にすると歯がしみたり、痛みを感じたりすることがあります。 虫歯の箇所を削り、そこを詰め物で補います。
神経の虫歯神経の虫歯 象牙質の奥にある歯の神経まで虫歯が達している状態です。何もしていなくてもズキズキと痛むようになります。 虫歯に冒された神経や血管を取り除き薬剤を詰める根管治療を行います。
歯の根の虫歯歯の根の虫歯 歯の根まで虫歯が達している状態です。歯の神経はすでに死んでいるため痛みを感じることはありませんが、放置すると歯の根の先に膿がたまり、再び激しく痛みます。 治療できない場合は抜歯しなくてはいけません。抜歯した場合、入れ歯インプラント、ブリッジなどで補います。

根管治療

歯の神経や血管などが入っている管のことを「根管(こんかん)」と言います。重度の虫歯は根管内部まで蝕まれ、そのまま放っておけばやがて歯を失うことになります。そのような重度の虫歯に対して行うのが根管治療です。根管治療は、細く複雑な根管内の処置を要するため医師の豊富な経験と高度な技術力が求められ、治療に時間も費用もかかります。

当院では高度な技術を持つ経験豊かな歯科医師が根管治療を行っています。他院で抜歯を勧められた方でも当院であれば根管治療で対応できる場合がありますので、重度の虫歯でお困りの方は一度ご相談ください。

根管の症状と治療方法
進行段階 症状 治療方法
根管の状態根管の状態 虫歯が神経まで達しています。血管が機能しなくなり、栄養分を運べないため放置すると歯が死んで抜け落ちてしまいます。 虫歯菌に感染し、死んでしまった神経を除去します。そして、まだ生きている神経や血管を消毒・洗浄し、根管内にすき間なく薬剤を詰めます。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

歯科用CTにより正確に治療できます

歯科用CTにより正確に治療できます

複雑な根の形態の治療においては根管治療前に歯科用CTを使用しています。歯科用CTを使用することで、従来のデジタルレントゲンでは確認できない複雑な形状の根管内部を正確に把握でき、精密な診断・治療に役立てることができます。

虫歯にならないためにも

虫歯にならないためにも

虫歯の痛みや治療による痛みを経験した方は、「もう二度に虫歯になりたくない!」と思われるかもしれません。しかし、ご自宅でブラッシングをしっかりやっていても、また虫歯にかかってしまうことがあります。それはなぜなのでしょうか。

虫歯にかかる方が日本の4分の1しかない国があります。フィンランドです。フィンランドの人々は予防意識が高く、定期的に歯のメインテナンスに行くことが一般的です。予防がしっかりできているため、虫歯にかかることがなく治療をする必要がないのです。

フィンランドの人々と同じように歯科医院に定期的に通い、虫歯の有無のチェックや歯のクリーニングを受けることで、虫歯の再発を防ぐことができます。「もう虫歯になりたくない」「痛みが苦手」という方は、ぜひ当院の予防歯科にお越しください。

診療予約はこちらから
当院は患者様をお待たせしないために予約制となっています。
診療予約はお電話またはWEBにて受け付けています。
  • 048-787-8877
  • WEB診療予約はこちら

診療時間: 平日:10:00~20:00 /
土曜:10:00~18:00
休診日: 日・祝